スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
カクタスカップ
2010-09-12 Sun 08:31
親子リレーに参戦。

親子リレーは昨年同様、子供-大人-子供のルーティーン。
小学生低学年(1~3年)は駐車場を出て舗装路を2~300m登った後
ダート路を下って駐車場に戻る。
タッチを受けた大人はXCショートコースを走り、
再度子供が1周走ってゴール。

当該クラスのエントリーは5組。普通にゴールするだけで5位入賞。
さほどプレッシャーを感じる事無くレースに臨める。
兄者は試走で相変わらず登りでスピードが上がらない。
2人で変速タイミング等の確認をして練習終了。

そして親子リレー。
兄者はスタート苦手。駐車場を抜けるまでは最下位だったが、
舗装路登りが終わる頃には4-5位争いの位置に。
ダート下りで5位ライダーを離して4位でタッチゾーンに。

襷を受け、父スタート。超久し振りにジャムのXCコースへ。
1位はもとより3位ライダーにも1分近く離されており、
駐車場を出た時点でトップはXCコースへ。
登りをダンシング・下りをガン漕ぎで自分もXCコースへ。

超前見えねぇ。最大限MAXで追ってるのに気配が感じられん。
つーか実は追ってくる5位の高野建具店ライダーのほうが怖い。
何せ彼らの速さは半端無い。生半可に走ってるとマッハで追いつかれる。
前を追いつつ後ろから逃げるうち、XC終盤にきてようやく前走者が見えた。

JAM花畑で上位3人パックに追いつき、躊躇無く抜き去る。
ここでリードを作って兄者に繋がなければ。
最後の登りをマキシマムアタックで上りきり、何とか1位で兄者にタッチ。

最終周、兄者スタート。2位とは10秒程度の差だが、駐車場を抜けるまでは
リードを保って逃げる。その後、登りでジワジワ追い詰められるが
下りに入って再びスピードアップ。最後のコーナーでラインが
アウトに膨らんでしまい最終的には3位でゴール。
スポンサーサイト
別窓 | MTBレース | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<SW改 | cyan | 同時多発口内炎>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| cyan |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。